多発性粉瘤症(陰嚢石灰沈着症) 除去

こんばんは

陰嚢のブツブツ気になりますよね。

多発性粉瘤症、陰嚢石灰沈着症の除去治療の紹介です。

できてしまう要因は主に体質的な物です、数や大きさは人それぞれです。

治療方法は患部に局所麻酔を注射し、確認できる部分を切り開き中身をくり抜きます。

非常に密集している場合などは皮膚一帯を切除する事もございます。

術後症例

縫合部は吸収糸を使用しておりますので通院は必要ございません。

傷跡はほとんどわからなくなります。

上記症例の処置費用は税込198,000円となります。

量や範囲、ご希望の除去量により変動します。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする